築城せよ!
 

段ボール城よ永遠に。

出演 : 片岡愛之助 海老瀬はな 江守徹 阿藤快 藤田朋子 ふせえり 津村鷹志 木津誠之

監督・脚本:古波津陽

美術監督:磯見俊裕

115分/2009年

2009年の現代の田舎町に、3人の戦国武将がよみがえった。そのうちの一人の武将(片岡愛之助)は城を建てるという夢を果たせぬまま、400年前に無念の死を遂げていた。武将の「築城せよ」との無謀な命令と振る舞いをいぶかしがる町民たちだったが、築城へのひたむきさにいつの間にか引き込まれていく。しかし、その土地での工場着工に動いていた町長たちが、段ボール城を撤去しようとして……。

25mの城を築城するのだ!

古波津陽が自主制作し、2006年のサンフェルナンドバレー国際映画祭最優秀外国語映画賞を受賞した短編映画『築城せよ。』のリメイク作品。タイトル末は「。」から「!」に変更され、以降続く「聖地へ!」「WAYA!」と並ぶ「ビックリ3部作」の一つ。脚本もオリジナルから大幅に書き直され、愛知工業大学が中心となって2008年3月に製作開始、同年9月25日に撮影が開始された。

高さ25mの段ボール城は、名古屋城や安土城のキャンペーンにも影響を与えた。

《モントリオール ファンタジア国際映画祭招待作品(カナダ)》

《第6回メガバックス日本映画祭招待作品(韓国)》

《KAWASAKIしんゆり映画祭招待作品》

《小田原映画祭招待作品》